健康効果

日本酒とブランデーの関係について

日本酒とブランデーには、実は意外な関連があります。
それはどの部分が関連しているのでしょうか。

それは、製造過程が似ているのです。
日本酒の種類の中には焼酎と言われるものがありますが、これは文字通り、お酒を焼いている、加熱していることを表しています。
お酒を加熱することを蒸留と言いますが、この蒸留するという過程が同じなのです。
ブランデーはブドウが入ったお酒を蒸留したものを指し、海外で親しまれてきました。
最近ではブドウも入っている果実酒を蒸留したもの全般をブランデーと指すようです。

また、焼酎とブランデーは蒸留しているので、糖質が含まれていないため、糖尿病の方のも嗜んでもらえるという部分も共通しています。
焼酎になる前の日本酒の場合では、糖質が含まれているため、糖尿病などの人にはなかなか飲みたくても飲むことが難しいという方がいますが、これなら程々にならば、飲むことが出来ます。

アルコール度数が高いことも共通していますが、加熱する過程で含まれているアルコールの種類が減り、二日酔いになりにくいという特徴もあります。
お酒を飲んで酔いたいという方には嬉しいですね。
ブランデーと日本酒には、こんな関連性があるのでした。

このページの先頭へ